HOME   »  作者別紹介  »  《奈良原一高》 作者別紹介

《奈良原一高》 作者別紹介

今日は作者別紹介で、1950年代半ばから2000年代にかけて活躍した写真家の奈良原一高を取り上げます。奈良原一高は1956年に軍艦島と桜島で撮った『人間の土地』でデビューすると、戦後の新しい境地を切り開いたと高く評価されました。その後も世間から隔絶された生活を撮った『王国』や欧州滞在時の『ヨーロッパ・静止した時間』、アメリカで撮った『消滅した時間』などを手掛け、日本を代表する写真家となっていきました。2020年1月に亡くなったこともあり回顧され再び注目が高まっている写真家です。今日も過去の展示で撮った写真とともにご紹介していこうと思います。


奈良原一高は1931年に福岡県の大牟田に生まれ、本名は楢原となります。父が判事だったため長崎や松江など転々とした後、中央大学の法学部に入学しました。その後さらに早稲田大学大学院で美術史を専攻して学生時代には池田満寿夫、靉嘔(あいおう)らと活動しました。そして1954~56年に軍艦島と桜島を訪れると「閉ざされた世界に隔絶されたその場から逃げることなく限界状況を生き続ける人間の生を観た」と感じ、その取材結果を「緑なき島」と「火の山の麓」の2部からなる『人間の土地』としてまとめ、写真家デビューしました。

奈良原一高 「『無国籍地』より」
DSC00101.jpg
こちらは1954~56年頃の作品で、やはりデビュー前後の初期作品。(『無国籍地』としてまとめたのは2004年) 軍需工場の廃墟などを写したシリーズで、寂しさを漂わせつつも煙突がそびえ立つ様子が古代神殿の柱のようで何だか神々しい。奈良原一高は様々な写真を撮っていますが、風景は明暗を巧みに使って情感を出しているのが特徴に思えます。

デビュー作の『人間の土地』の軍艦島を写した「緑なき島」には、その土地の風土や人々の営みを感じさせる作品が収められています。当時から非凡な才能を見せていたのが伺えます。
 参考記事:TOPコレクション イメージを読む 場所をめぐる4つの物語 (東京都写真美術館)

奈良原一高 「『王国』より 沈黙の園」
DSC09767.jpg
こちらは1958年の個展で発表されその後に写真集にまとめられた作品で、北海道の男子トラピスト修道院を撮った「沈黙の園」と、和歌山の女子刑務所を撮った「壁の中」の2つのパートから成っています。修道士の姿を人たちが歩く様子が神秘的で、厳かな雰囲気です。この1枚で日本とは思えないような独特の文化があるのが伝わってきますね。

この『王国』で日本写真批評家協会賞新人賞を受賞しました。

奈良原一高 「『王国』より 沈黙の園」
DSC09771_20210303214302c31.jpg
こちらも「沈黙の園」の一部。先程の写真と違って儀式ではなく日常の光景に見えます。窓の上には受付口と書かれていて、外界とのやりとりがこの小さい窓で行われているのかもしれません。

このシリーズでは窓がよく出てきて 外界との繋がりや その逆の断絶を暗に感じさせます。

奈良原一高 「『王国』より 壁の中」
DSC09777_202103032143032c7.jpg
こちらは『王国』のもう一方の「壁の中」からの1枚。牢獄の中からこちらをじっと見る視線が強くて驚きます。恨めしいような羨むような、囚人が外部の人間を観る目が凝縮されているように思えます。

先程の修道院と打って変わって刑務所なのは、聖と俗の対比となっていて、男だけの世界と女だけの世界、神からの恩寵と世間からの懲罰という対にもなっています。しかし世の中から断絶された環境という意味では共通しているのが面白い。

奈良原一高 「『王国』より 壁の中」
DSC09780.jpg
こちらも「壁の中」の1枚。牢獄の中で囚人の女性が何かを読んでいるように見えるかな。手前の格子の存在感が強く、囚われの身であることが強調されているようにも思えます。

デビュー作の軍艦島も閉ざされた世界をテーマにしているので、初期はそうしたテーマに関心があったのかもしれません。閉ざされた世界を観ることで現代に生きる不安とむなしさを見つめたと評されています。私は逆にこういう環境でも生きていく逞しさみたいなものを感じますが。

奈良原一高 「『王国』より 壁の中」
DSC09782.jpg
こちらも「壁の中」の1枚。監獄の中から外を観る女性の囚人たちが撮られ、右の女性は話しかけているようにも見えるかな。リアルなドキュメントを観ているような刑務所の日常を感じるワンシーンですね。

奈良原一高 「『王国』より 壁の中」
DSC09784_20210303214308fb6.jpg
こちらも「壁の中」の1枚。壁と枕を何故撮ったんだろう?とちょっと疑問でしたが、めちゃくちゃ汚い壁と寝具に刑務所での生活感が滲み出ているように思えます。差し込む陽の光が温かく感じられるので、決して地獄のようなところではなく人の住む場所って感じがします。

この作品を個展で発表した翌年の1959年に川田喜久治、佐藤明、丹野章、東松照明、細江英公とともに写真のセルフ・エイジェンシー「VIVO」を結成しました。3年後の1961年に解散してしまいますがVIVOは「映像派」といわれる新鮮な感覚で、戦後写真の新時代を切り拓いて行きました。

奈良原一高 「『王国』より 壁の中」
DSC09785.jpg
こちらも「壁の中」の1枚。庭で何かをしている様子と、窓辺に雑誌を並べているのが写っています。詳しくは分かりませんがファッション誌みたいに見えるかな。ちょっと外界との繋がりや囚人たちの楽しみが分かるような気がします。

この後、奈良原は自らの表現を問い直そうと1960年代に渡欧し、パリでファッション写真を撮りながらスペインの闘牛場に通って撮った『ヨーロッパ・静止した時間』(1967年)や『スペイン・偉大なる午後』(1969年)などを出しています。前者は日本写真批評家協会賞作家賞、芸術選奨文部大臣賞、毎日芸術賞を受賞し、ますます評価は高まりました。(残念ながらこれらの写真が見つからず…)

奈良原一高 「『消滅した時間』より 砂漠を走る車の影、アリゾナ」
P1200072.jpg
こちらは1971年の作品。砂漠の風が車を包み込むようなスピード感のある写真となっています。陰影の付け方が幻想的で、やや不安のようなものを感じます。

奈良原一高は1970~73年にアメリカに滞在し、大陸を横断・縦断する旅の中から『消滅した時間』が生まれました。

奈良原一高 「『消滅した時間』より ハイウエー・テレフォン、ニューメキシコ」
DSC02943_201903100026046d2.jpg
こちらは1972年の作で『消滅した時間』からの1枚。何の変哲も無い道端の公衆電話ですが、遠くの稲光と暗雲のせいか非常に寂しげに見えます。これから嵐が来るんでしょうかね。

奈良原一高は後に『宇宙への郷愁』(1995年)で「僕たちが写真を見返す時、生きる切なさに包まれ、言い知れぬ郷愁の淵にひたるのは、僕たちの存在を超えてしまった"消滅した時間"に出会うからだろう。写真はブラック・ホールとホワイト・ホールに似ている。写真の中の郷愁は影法師のように、無のなかの存在、誕生と消滅の、もう取り返すことのできない時間の郷愁なのだ」と語っています。奈良原一高の作品から感じるのはその言葉通りですね…。

奈良原一高 「『消滅した時間』より 二つのサンタクロース、ニューヨーク」
DSC02940_202103032142588a5.jpg
こちらも『消滅した時間』からの1枚。画面に直接は写っていませんが、影で子供が道の柵に登って遊んでいる様子が分かります。手前に落ちてるのはサンタクロースの描かれた紙かな? 何だか子供時代を思い出すようなセンチメンタルな気分になります。

奈良原一高 「『ブロードウェイ』より」
P1200069.jpg
こちらは1973~74年の作品。魚眼レンズで斜めに撮ったブロードウェイの風景を4枚集め、地平をひし形に配して1枚に仕立てています。意図は分かりませんが、これまでと違って複数の写真を加工している点で大きく作風が変わっているのが分かります。万華鏡を覗いているような感覚になるかなw

このシリーズは似たような作品となっています。
P1200068.jpg
新しい表現を模索していたのかもしれませんね。

この後も『ヴェネツィアの夜』(1986年)などの代表作があり、2005年に長期療養に入るまで活躍しました。2020年1月に88歳で亡くなり、追悼記事が多く書かれ展覧会も多く開催されていました。(ちょうどコロナが流行りだして観に行けなかったのが残念…) 亡くなっても色褪せない魅力的な作品ばかりですので、是非覚えておきたい写真家だと思います。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
6位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。