HOME   »  作者別紹介  »  《髙山辰雄》 作者別紹介

《髙山辰雄》 作者別紹介

今日は作者別紹介で、戦後画壇の最高峰として「日展三山」と称された髙山辰雄を取り上げます。髙山辰雄は若くから才能を発揮した画家で、東京美術学校の在学中に帝展に入賞し首席で卒業したほどでした。戦後はゴーギャンに傾倒し強い色彩の画風の時代もありましたが、やがて静かで深い精神性を湛えた画風へと変化し、生や死といった根源的なテーマを感じさせる作品を残しました。今日も過去の展示で撮った写真とともにご紹介していこうと思います。


髙山辰雄は大分県大分市に生まれ、1931年に東京美術学校の日本画科に入学しました。松岡映丘に師事して山本丘人らと共に研鑽を積み、在学中の1934年に第15回帝展に「湯泉」で帝展に初入選した上 首席で卒業しています。後の妻となる女性をモデルに描いた卒業制作の「砂丘」は東京美術学校が買い上げるなど、若くしてその才能が認められていました。卒業後は山本丘人や杉山寧らと新日本画の創作を目指す若き画家たちの一員として、制作に情熱を注いでいきます。戦時中は空襲で家を焼かれるなどして制作できない日々が続き、発表の機会にも恵まれず不遇だったようですが、戦後間もない頃には山本丘人の勧めで読んだゴーギャンの伝記に感銘を受け、1950年代はゴーギャンに影響を受けた鮮やかな色彩の時代と呼べる作品が残されています。日展で特選を重ね 抽象的な表現の風景画なども制作していくようになり、1960年代には杉山寧、東山魁夷とともに「日展三山」と呼ばれるほどの存在となっていきました。

残念ながら初期の作品の写真がありませんでしたが、先述の「湯泉」は日本画というよりは洋画のような色彩が特徴で、さらに戦後のくっきりとした色面の画風はゴーギャンの影響が感じられます。

髙山辰雄 「穹」
P1120982.jpg
こちらは1964年の作品。深い青の夜空に、大きな白い月が左上に浮かんでいる様子が描かれた作品です。よく観ると下の方には森や岩のようなものもあり、明るい月光が照らしています。月は表面の陰影までしっかり描かれていて、ここだけリアルで立体的な感じです。神秘的な光景の中に月が浮かび上がってくるように見えますね。

1960年には日本芸術院賞、1964年にはこの「穹」で芸術選奨文部大臣賞を受けています。戦後画壇の中心人物の1人と言って間違いない存在です。

髙山辰雄 「北国」
P1120984_20210320020855afe.jpg
こちらは1966年の作品。この絵の色彩は控えめで、かつての力強さとは異なり静かな印象を受けます。やや平面的な感じや画面構成なんかはゴーギャンぽさも残っているようにも思えるかな。北国とのことですが、どこかプリミティブな雰囲気です。

髙山辰雄は戦後まもない頃には子供向けの漫画も手がけていました。1951年には雑誌『保健同人』の表紙絵なども描いていて、幅広い仕事をしていたようです。

髙山辰雄 「池」
P1120980.jpg
こちらも1966年の作品。恐らく「北国」の関連作と考えられていて、画面の枠を反復する樹木を利用した構図に共通点があるようです。「北国」にはいない蹲る人の姿もあるので、推敲の様子も伺えますね。

髙山辰雄は本画以外にオイルパステルやフェルトペンでスケッチを描いていたようですが、本画の静謐さとはかなり印象のことなる強い色彩の作風となっています。

髙山辰雄 「机の上」
P1120973.jpg
こちらは1967年の作品。オイルパステルによるものですが、全く作風が異なっていますねw 静物っぽいですがぐにゃぐにゃして渦巻くように色彩が混じり虹色のような印象を受けます。画材の違いでここまで違うのかと驚きの作品です。

1970年代以降、髙山辰雄は数多くの人物像を描いていきました。代表作の多くに人物が描かれています。

髙山辰雄 「首」
P1120978.jpg
こちらは1970年の作品。フェルトペンで描かれていて、輪郭はしっかりしていますが色彩は派手で、点描のような塗り方となっています。先程の作風とも異なっていて、かなり前衛的な印象を受けるかな。髙山辰雄はスケッチや素描のほうが攻めてるのが面白いw

1973年には「日月星辰 髙山辰雄展」という個展を開催しています。そこでは六曲一双屏風の5部作など、自然と人間との関わりや人間の根源をみつめる作品を発表しました。

髙山辰雄 「ナス君」
P1120976.jpg
こちらも1970年の作品。墨とフェルトペンで描かれていて、輪郭が黒く強いのが先程の2点との違いかな。色彩はちょっとサイケデリックな感じもするけど、人物にはどっしりとした風格が感じられます。

先述の1973年の個展では「食べる」という赤褐色地に一心不乱に卓の上のご飯を食べる子供を描いた代表作も発表しています。私はこの絵が非常に好きで、静かな中に人間の生きる力強さを感じます。

髙山辰雄 「いだく」
P1120988.jpg
こちらは1977年の作品。子供を抱く女性と子供が特に幸せそうで、しみじみと静かにそれが伝わってくるように思えます。背景の色も抑えめなのが神秘的な雰囲気を増してますね。

この頃には点描による静謐で幻想的な画風となり、人間の生と死、人間の存在を問い、現代社会に生きる人間を描くという独自の画境を切り拓いていったようです。

髙山辰雄 「青衣の少女」
DSC05119_20180522004947247.jpg
こちらは1984年の作品。窓辺に横たわる緑がかった青い服の女性が描かれ、じっと指を見つめています。わきには赤い花がありますが決して派手さはなく落ち着いた色合いです。窓の外は暗く、夜の室内かな? 静かに物思いに耽るような表情が素晴らしく、精神性を感じさせます。

この5年後の1989年1月8日に平成の御代が始まったわけですが、翌年に天皇陛下の大饗の儀(だいきょうのぎ)の為に東山魁夷と髙山辰雄によって2点の屏風が制作されました。東山魁夷は「悠紀」、髙山辰雄は「主基」を担当した「悠紀・主基地方風俗歌屏風」で、いずれも大饗の儀の際に両陛下の御座の左右に飾られました。悠紀地方・主基地方というのは大嘗祭で神に供えるための新穀を献上する地域で、明治以降は悠紀地方は京都以東の斎田、主基地方は西の斎田が選ばれています。平成の際の主基地方は髙山辰雄の故郷の大分県が選ばれ、大分の景勝地や現代的なビルや工場をやや風化したような色彩で描きました。
 参考記事:両陛下と文化交流―日本美を伝える― (東京国立博物館 本館)

その後も髙山辰雄は活躍を続け、1990年代後半以降は色彩を抑えて輪郭が背後の空間に溶け込むような幽玄な雰囲気の作風へとなっていきました。2006年の日展では94歳の自画像を出品しましたが、その翌年の2007年に亡くなりました。


ということで、戦後の日本画壇にとって重要な人物となっています。心に染み入るような画風が特徴で、私は特に1960年代以降の作風が好みです。様々な展示で観る機会もあると思いますので、覚えておきたい画家の1人です。

 参考記事:人間・髙山辰雄展――森羅万象への道 (世田谷美術館)

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
7位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。