HOME   »  テーマ別紹介  »  《マリメッコ Marimekko》 テーマ別紹介

《マリメッコ Marimekko》 テーマ別紹介

今日はテーマ別紹介で、フィンランドを代表するデザインブランドのマリメッコを取り上げます。マリメッコは1951年にアルミ・ラティアとその夫によって生み出されたデザインブランドで、才能あるデザイナーを発掘し発展してきました。マリメッコは自由に創作できる環境をデザイナー達に用意し、制作されたパターンに名前をつけて作家の創造性を大事にする文化があり、非常に先進的かつ伸びやかな色彩感覚の作品が多いのが特徴と言えそうです。なお、マリメッコとは「マリのドレス」という意味で、マリはアルミのアナグラム(armi→mari)で、メッコはフィンランドの古い言葉で「小さな女の子のドレス」という意味となります。今日は2017年のギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)での展示とGallery A4(ギャラリー エー クワッド)での展示を元にご紹介していこうと思います。

まず こちらはGallery A4での展示の際に壁に飾られていたテキスタイル。
DSC05436.jpg DSC05441.jpg
右側のテキスタイルはこの後出て来る茶室にも使われています。アルミは「マリメッコは流行ファッションではありません。私たちは時代を感じさせない、使い続けられる商品を作るのです。ただ、それが偶然かつ往々にしてファッショナブルなのです」と言ったそうで、確かに普遍的なデザイン性を感じさせます。

1960年のアメリカ大統領選挙で、ケネディ候補の夫人であったジャクリーン・ケネディがマリメッコのドレスを愛用していたことが、知名度の向上につながったとされています。

こちらもテキスタイル。様々なモチーフがありますが、場の空気が明るくなるようなデザインばかりです。
DSC05446.jpg DSC05464.jpg
花柄が多いのも特徴で、特にケシの花は「ウニッコ」と呼ばれマリメッコの象徴とも言えるデザインとなっています。

ウニッコが生まれたのは1964年で、マイヤ・イソラによってデザインされました。当時、アルミ・ラティアはマリメッコでは「花柄の生地なんて作らない」と宣言したのですが、それに対してマイヤ・イソラが「それでも花柄はいらないといいますか」と見せたのがウニッコでした。
 参考リンク:https://www.marimekko.jp/the-brand/marimekko-story

こちらはマリメッコのデザインの茶室。この展示の時の目玉作品でした。
DSC05503.jpg
右側面に先程と色違いのテキスタイルが使われています。また、左側面にはカラフルな市松模様があって、マリメッコと日本のデザインが融合したような感じ。

マリメッコが茶室なんて意外だと思いますが、亭主と客人が時間を共有する文化はフィンランドにおいてのサウナ文化にも通じるということで、根底に似たものがあるのかも知れませんね。

にじり口から茶室の内部にも入れました。
DSC05505.jpg
鳥のテキスタイルを掛け軸にしています。壁紙もシンプルな白黒のテキスタイルで、日本の市松模様に似た美意識となっています。

花鳥風月をデフォルメする点においては日本の文化に近いものを感じます。

茶釜や茶道具もマリメッコです
DSC05507.jpg
色とデザイン次第では日本独特と思われている侘び寂びの雰囲気も出ているように思います。

こちらも茶道具。
DSC05514.jpg
ポップなイメージのマリメッコですが、これは華美になりすぎず凛とした印象を受けます。テキスタイル自体のデザインも良いですが、それが実際にどう使われるかによっても印象が変わるものだと感心します。

続いて、現在のマリメッコを支える3人のデザイナーをご紹介。マリメッコは1979年にアルミ・ラティアを亡くし、その後10年ほど試行錯誤を繰り返す低迷期に入りましたが、1991年にキルスティ・パーッカネンがマリメッコを買収するとマリメッコに新しい時代が訪れました。デザインを最優先させるようになり新しいデザイナーたちを起用し、特にそれまで以上に若い世代のデザイナーたちに着目するようになりました。

<マイヤ・ロウエカリ>
この方は1982年生まれの女性デザイナーで、ヘルシンキ芸術大学時代にマリメッコのデザインコンペで優勝した実力の持ち主です。明るくグラフィカルなデザインが特徴らしく、これぞマリメッコといった印象を受ける作品が多いように思います。

マイヤ・ロウエカリ 「シィルトラプータルハ 市民菜園」
DSC05537_20180107005629b71.jpg
色鮮やかで華やかな印象がある一方、黒い輪郭線が力強い生命力を感じさせます。これは絵画としても素晴らしい作品。

マイヤ・ロウエカリ 「カスヴ」
DSC05628.jpg
こちらは色彩が抑えてあり輪郭線もないので、先程に比べると落ち着いた印象ですがそれでも華やかさがあります。マリメッコの代表的なモチーフであるユニッコ(ケシ)らしきものも描かれていました。

<アイノ=マイヤ・メッツォラ>
続いては1983年生まれの女性デザイナーで、やはりヘルシンキ芸術大学を卒業しマリメッコのデザインコンペで選ばれた経歴の持ち主です。水彩やフェルトペン、グアッシュなど多彩な画材を使い幅広いデザインを生み出しているそうで、滲みを使った作品が多いように思います。

アイノ=マイヤ・メッツォラ 「ユハンヌスタイカ 夏至の魔法」
DSC05642_201801070056384df.jpg
水彩の滲みが絶妙で、デフォルメの仕方も含めて日本の琳派に通じるものを感じます。色彩感覚も非常に素晴らしいです。

アイノ=マイヤ・メッツォラ 「シトルーナプー レモンツリー」
DSC05635.jpg
こちらは補色関係の色が並んで目に鮮やかな作品。観ているだけで楽しくなるような生き生きとした色使いです。よく見ると同じパターンの連続ですが、そうと感じさせません。

<パーヴォ・ハロネン>
もう1人は1974年生まれの女性デザイナーで、2011年からマリメッコの生地デザインを手がけヘルシンキを拠点に活動している方です。自然からのインスピレーションを有機的な抽象パターンに転換するのが得意なデザイナーです。

パーヴォ・ハロネン 「トルスタイ 木曜日」
DSC05632.jpg
曲線中心の輪郭線を使い、優美な印象を受けるデザイン。色も統一感があって落ち着いた雰囲気です。これもパターンを感じさせない複雑さでした。

パーヴォ・ハロネン 「ルースルオホ スカビオサ(植物)」
DSC05650.jpg
ただの黒丸のように見えるけど、手描き感に温もりが感じられます。これは植物を元に抽象パターンにしたのかな?

こちらは3人のテキスタイルを用いた品々。
DSC05673.jpg
先程のパーヴォ・ハロネンのテキスタイルを使ったドレスやマイヤ・ロウエカリのティーセット、アイノ=マイヤ・メッツォラのお皿などです。特にお皿が欲しいw ファッションやアクセサリー、室内装飾など幅広いところにデザインが使われています。

ここからは日本との関係を感じさせるデザインについてです。マリメッコでは日本人デザイナーも活躍していて、1970年代には脇坂克二 氏がデザインした「ブーブー」(車のデザイン)が人気を博しました。今回ご紹介した3人のデザイナーも来日したことがあり、日本文化にインスピレーションを得たデザインを発表しています。

アイノ=マイヤ・メッツォラ 「苔寺(コケデラ)」
DSC05691.jpg
アイノは京都の西芳寺から大きな影響を受けて、コケデラという名前のデザインを作りました。割と渋い色合いで扇状に連なっているように見えます。

マイヤ・ロウエカリ 左:「キルシカンクッカサデ 桜の花の雨」 右:「キルシカンクッカサデ アイデアラフ」
DSC05711.jpg DSC05725.jpg
マイヤは日本の街並みを題材にしたようです。ポップで洒落た印象を受けます。若い作家らしい瑞々しい感性ですね。

パーヴォ・ハロネン 左:「アウレオリ 光の輪」 右:同左アップ写真
DSC05740.jpg DSC05742.jpg
パーヴォは葛飾北斎や円山応挙、宮﨑駿など様々な日本文化からインスパイヤされたそうで、これは切り絵の技法を使って染め抜きしています。一見すると黄色っぽいテキスタイルですが、近くでみるとかなり精緻なデザインです。


ということで、単に可愛らしいだけでなく根底で日本文化に通じるものがあるデザインとなっています。多くのデザイナーがマリメッコの精神を受け継いで革新し続けるところも素晴らしい所です。現在ではアパレルショップや雑貨屋さん、ネットなどでも気軽に購入できるので、好みの方は是非チェックしてみてください。
 公式サイト:https://www.marimekko.jp/

 参考記事:
  Marimekko Spirit -Elämäntapa マリメッコの暮らしぶりー (Gallery A4 ギャラリー エー クワッド)
  マリメッコ・スピリッツ ― パーヴォ・ハロネン / マイヤ・ロウエカリ / アイノ=マイヤ・メッツォラ (ギンザ・グラフィック・ギャラリー ggg)
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
8位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。