HOME   »  その他  »  2021年の振り返り

2021年の振り返り

今年も残す所あと1日となりましたので、毎年恒例の年間の展覧会の振り返りで終わりにしようと思います。今年は8月くらいにコロナの感染ピークが来たものの、ワクチン接種&その後の落ち着きのおかげで10月くらいから展示を観て回れるようになりました。まだ完全復活という程でもないので、今年も規模を縮小してベスト5にしようと思います。対象は10月以降に観た展示のみとなります。

DSC02414_2021123102533028c.jpg


参考記事:
 2020年の振り返り
 2019年の振り返り
 2018年の振り返り
 2017年の振り返り
 2016年はブログ休止中
 2015年はブログ休止中
 2014年の振り返り
 2013年の振り返り
 2012年の振り返り
 2011年の振り返り
 2010年の振り返り
 2009年の振り返り

今年もカウントダウン形式で行きます。傾向としては
 ・個展が好きで、テーマ展は相対的に順位が下がる
 ・過去に似た展示を観たことがあるものも順位は下がる
 ・観てしばらく経ってからもすぐに思い出せるものは順位を上げて評価を変えている
と言った感じです。

5位:小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌 (東京ステーションギャラリー)
DSC08453.jpg
割と画風が変わったりするので全部が好きという訳ではなかったものの、「國之楯」には鳥肌が立つほどの凄味を感じました。戦争協力によって一種のタブーになってた感じの画家ですがこれを機に観られる機会が増えると良いですね…。東京ステーションギャラリーはこういう知られざる画家・忘れられた画家を取り上げるのがとても上手いように思います。

4位:川瀬巴水 旅と郷愁の風景 (SOMPO美術館)
DSC07304_202112092314378e7.jpg
川瀬巴水は大好きなので大半の作品は何度も観たことのあるものでしたが、決定版とも言える揃えで初期から晩年までを網羅していて良かったです。4位と5位は最後まで迷ったけど、新しくなったSOMPO美術館にようやく足を運ぶこともできたので、こちらを上位にしました。今後の展示も楽しみです。

3位:ゴッホ展──響きあう魂 ヘレーネとフィンセント (東京都美術館)
DSC07636_20211109232443865.jpg
ゴッホ展は頻繁にやりすぎじゃないか?って気もしますが、今回はクレラー=ミュラー美術館とファン・ゴッホ美術館のコレクションという本丸とも言えるコレクションを観ることができ、質・量ともに満足できました。久々に美術館に行ったということもあって感動もひとしおでした。今も福岡に巡回中なので、近隣の方は是非。

2位:グランマ・モーゼス展 (世田谷美術館)
DSC02407_202112310252053eb.jpg
これは年末休み中に観たばかりでまだ記事にしておりませんが、心待ちにしていた甲斐があった内容です。素朴な絵から幸せがにじみ出るようで、観ていて心が温まりました。人生観も前向きで、何かと暗いニュースの多いこのご時世に光明を見るような気分になれます。同時開催の常設も良かったし、今期特にオススメしたい展示です。近日、記事にする予定

1位:イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜 ― モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン (三菱一号館美術館)
DSC07555.jpg

先述の通り個展のほうが好きで、巨匠の盛り合わせってだけではそんなに高い満足度にはならないのですが、この展示に出品されていたレッサー・ユリィを知ることが出来たのが今年で一番の収穫でした。どの作品を観ても叙情的で、どこか憂いがありつつ都会的なセンスを感じました。まだまだ知らない素晴らしい画家がいますね。是非レッサー・ユリィの個展を熱望したいところですw

ということで、今年も圧倒的に母数が少なく見逃した展示ばかりではありますが、ようやく平穏が戻ってきた感があります。まだオミクロン株の動向に油断はできませんが来年は年間通じて観に行けることを祈っております。皆様、良いお年を。

おまけ:
最近始めたインスタのフォロワーも100人を超えて、使い方も分かってきました。予告も兼ねて、自分が気に入っている写真を少しご紹介

こちらは12月上旬に姫路~神戸に旅行した際に撮った姫路城。

無加工で割とポピュラーな構図だけど、お城そのものが美しいので映えますw これは今の所いいねの数が特に多い

こちらは神戸で異人館巡りをした際の「鱗の家」

ここは美術館にもなっていましたので後日改めてご紹介の予定。

こちらも神戸異人館巡りの際に立ち寄ったイタリア館・プラトン装飾美術館

ここは現在も実際にオーナーがお住まいだそうで、非常に洒落た雰囲気となっていました。ここも内部の写真なども使ってご紹介する予定です。

こちらは神戸の兵庫県立美術館の螺旋階段。

安藤忠雄氏の設計で、安藤忠雄氏に関する展示室もあります。常設の充実具合(特に日本の洋画)も素晴らしく、コレクションも撮影可能だったのでこちらも後日ご紹介予定です。

こちらは芦屋にあるヨドコウ迎賓館。旧山邑家住宅です。

設計はフランク・ロイド・ライトで、この旅で一番楽しみにしていたのがこの建物への訪問でした。ここもたっぷり写真を使ってご紹介予定。

最後にこちらは先程アップロードした世田谷美術館の写真

何処だよ??と思われそうですが、美術館入口の近くの地下に向かう階段のところです。インスタではブログでは取り上げないような場所をひねくれた角度で撮っていこうと思っていますw

ということで、インスタのアカウントをお持ちでしたら覗いてもらえると励みになります。こちらもよろしくお願いいたします。

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
6位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。