HOME   »  その他  »  【紙の博物館】 (王子 飛鳥山)

【紙の博物館】 (王子 飛鳥山)

飛鳥山でお花見に行ったら、飛鳥山の3つの博物館も楽しめます。
まずは紙の博物館。 王子は旧王子製紙にゆかりの地なので、紙の博物館がある。私も初めて行ったのですが、本物やレプリカなどを混じえて紙に関する様々な説明を受けることが出来る博物館だった。
桜が満開の日曜だったので、多分1年で最も混む日だったんじゃないかな。子連れの親子や年配の方で結構人がいた。

1131688880_101.jpg


【展覧名】
紙の身だしなみ ~紙小物の粋な装い~

【公式サイト】
http://www.papermuseum.jp/index.htm
http://www.papermuseum.jp/kaminomidashinami.html

【会場】
紙の博物館

【最寄】JR・東京メトロ 王子駅
【会期】3月20日(祝)~5月31日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。


【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間40分程度

【混み具合(日曜日14時頃です)】
 混雑_1_2_③_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_③_4_5_満足

【感想】
桜が満開の日曜だったので、多分1年で最も混む日だったんじゃないかな。子連れの親子や年配の方で結構人がいた。
入り口は2Fで、1Fは図書館。入り口には大きな聖徳太子の絵が飾られています。聖徳太子は製紙を薦めたので紙祖と称えられているらしい。私は聖徳太子は存在しなかった派だったりしますがw
2Fは紙の作り方の説明コーナー。チップを砕いてパルプを作るとか、色んな紙の種類とかそういう説明。でっかい機械がおいてあったりして工場みたい。身近だけど全く知らなかったので興味深かった。

3Fは紙のクイズができるパソコンとか置いてあった。吹き抜けになってるから3Fはあんま展示物がないかな。

4Fは特設展と世界の紙の歴史のコーナー。折り紙、精密な仏画を印刷で再現したもの、たとう紙、紙人形などがある。中でも貴重なのは770年に作られた百万塔とその中身の陀羅尼経。「年代がわかるもの」の中では世界最古のものらしい。また、金唐紙とその歴史も展示されていた。金唐紙は好きなのでちょっと嬉しい。あとはパピルスのレプリカとか西洋の紙と和紙の違いなんかもあった。

特設展はあぶらとり紙・粉白粉など女性が普段使っていた紙の数々があった。あとは紙の箱とか日常の道具類です。どっちかというと昔のポスターの方が観ていて面白かった。

ということで、紙に詳しくなれます。美術展ではないので作品の芸術性は何とも言えません。館員の方が親切丁寧に説明していたのが好印象でした。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。