HOME   »  その他  »  最近観た展示 (202308)

最近観た展示 (202308)

4ヶ月も前の話ですが、年末の振り返りに向けて8月に観た展示について振り返っておこうと思います。8月に見たのは以下の展示です。今回は初の最低満足度を叩き出した展示がありますのでご注意くださいw

 ・都市伝説展~みんなのオカルト50年史~(北千住マルイ6階)
 ・蔡國強 宇宙遊 ―〈原初火球〉から始まる(国立新美術館)
 ・古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン(東京国立博物館 平成館)
 ・常設(チームラボプラネッツ TOKYO DMM)
 ・和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行(ホテル雅叙園東京 百段階段)
 ・フィンランド・グラスアート 輝きと彩りのモダンデザイン(東京都庭園美術館)
 ・Immersive Museum: イマーシブミュージアム(日本橋三井ホール)



まずは異色の展示。 オカルトも趣味でして…w

DSC07943_20231226221256a3c.jpg

【展覧名】
 都市伝説展~みんなのオカルト50年史~

【公式サイト】
 https://hakabanogarou.jp/urban-legend

【会場】北千住マルイ6階
【最寄】北千住駅

【会期】2023年7月15日(土)~8月13日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_③_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
小規模な内容ではあったものの大盛況で意外と混んでました。
こちらはその名の通り都市伝説の歴史を振り返るというオカルトチックなもので、パネル中心に50年間に流行った話や現象を紹介していました。特に目玉となるのは終盤にあるガチの呪物で、オカルトコレクターたちの自慢の品が並んでいますw 主にファミリー劇場(CSのTV局)の「緊急検証シリーズ」や「オカルトエンタメ大学」の人気テラーたちが関わっているので、それを愛聴している私としてはテンションがあがりました。 特に観に行った日はUMA研究家の中沢健 氏がサイン会をやっていたので著書を買ってサインをいただくことができました。ネッシーまで描いて貰っていい記念になったw しかし、この展示を観て以来 足腰の調子が悪いのは何故でしょうかw




続いては内外で活躍する蔡國強 氏の展示。

DSC08253_20231226221249fbb.jpg

【展覧名】
 蔡國強 宇宙遊 ―〈原初火球〉から始まる

【公式サイト】
 https://www.nact.jp/exhibition_special/2023/cai/

【会場】国立新美術館
【最寄】乃木坂駅/六本木駅

【会期】2023年6月29日(木) ~ 2023年8月21日(月)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間30分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
こちらは多くのお客さんで賑わっていましたが、会場も広いのでそれほど混雑感はありませんでした。

中国生まれの蔡國強 氏ですが1980年代から日本に住んで活動していて、最近では昼間の花火大会などがニュースになるほど注目されています。今回の展示では30年前の「原初火球(ビッグバン)」をテーマにした展示の原点に立ち戻り、初期の火薬を使った作品から、宇宙を感じさせる作品などが展示されていました。

会場はこんな感じで中国風の人物や宇宙人、ロケットやらUFOなどをモチーフにした作品が点滅していました。
DSC08035_20231226221240d78.jpg
またオカルトの話になりますが、UFO大好きなのでこれは面白かったw

これは昼花火の記録映像・写真。
DSC08186.jpg
煙を使った作品で、会場となった いわきや震災との関係についても紹介されていました。世界観や活動を幅広く知ることができて満足度高めでした。





続いてはメキシコ文明に関する展示。

DSC08270_20231226221251a76.jpg

【展覧名】
 特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」

【公式サイト】
 https://mexico2023.exhibit.jp/
 https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=2565

【会場】東京国立博物館 平成館
【最寄】上野駅

【会期】2023年6月16日(金) ~ 2023年9月3日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 2時間30分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_②_3_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_4_⑤_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
かなり混んでいて観るのに時間がかかりました。

この展示はメキシコの古代文明をテーマにしたもので、儀式に使われた道具や土偶など様々な遺跡からの出土品が並んでいました。

これはパネルだけどこんな感じで会場も儀式っぽい雰囲気満点です。科博で何度か似た展示を観ましたが、今回の規模もかなりのものでした。
DSC08464_202312262212501ec.jpg
特にテオティワカンに関する大規模展示はこれが初めてとのことで、これまたオカルト好きの血が騒ぐw

特に凄かったのがこの赤の女王でした。
DSC08642_2023122622124999a.jpg
これだけ凄い品を目の当たりに出来るとは思っていなかったので、驚きでした。内容も網羅的かつ繋がりが分かりやすくて良かったです。




続いては展覧会というよりは会場自体が作品のような展示。

DSC08924_20231226221251f7c.jpg

【展覧名】
 常設

【公式サイト】
 https://www.teamlab.art/jp/e/planets/

【会場】チームラボプラネッツ TOKYO DMM
【最寄】豊洲駅

【会期】2018年07月07日(土) ~ 2027年末
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 2時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_①_2_3_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_4_⑤_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_4_⑤_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
時間指定なのに非常に混んでいて、特に外国人観光客が多かったです。夏場に1日観光地を回って汗だくの人でぎっしりなので、かなり汗臭い… 塩素の匂いと混ざって本当にキツかった。夏場に行くのはやめておいたほうが良いですw

この豊洲のチームラボプラネッツは当初は2023年末までと言っていたのですが2027年末までに延期されて作品も追加されたようです。体験型の施設となっていて、浅いプールのように水で満たされた場所やプロジェクションマッピングの部屋など幻想的な空間をいくつも抜けて行きます。外国人にも有名みたいで、デュア・リパのリビテイティングのMV(日本版かも)にもここの映像がふんだんに使われてました。

これは野外にあった光る作品。
DSC08967.jpg
角川ミュージアムにもこういうのあった気がします。全体的に音と光で楽しませてくれるんですが、まあアートというよりはアトラクションっぽいかな。匂いがキツかったのもあって、最高と言い切れるような体験ではなかったw




続いては毎年恒例の納涼イベント

DSC_0393.jpg

【展覧名】
 和のあかり×百段階段 2023 ~極彩色の百鬼夜行

【公式サイト】
 https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100event/wanoakari2023

【会場】ホテル雅叙園東京 百段階段
【最寄】目黒駅

【会期】
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 2時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_③_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
こちらも盛況でしたが、少しゆっくりめに回れば混み具合は特に気になるほどでもありませんでした。

毎年この時期になると和風のインスタレーションを重要文化財の建物の中で楽しむことができるのですが、今年は妖怪の百鬼夜行がテーマになっていました。
DSC09123_20231226221701ec6.jpg DSC09063_202312262212559c0.jpg
こんな感じで綺麗と怖いの間くらいのテイストとなっています。これまたオカルトw

全体的にクオリティが高かったので安っぽいお化け屋敷にならずに光と影の妙が楽しめました。恐らく来年も似たような企画をやると思うので期待です。





続いてはフィンランドデザインの展示

DSC09289_202312262217021d9.jpg

【展覧名】
 フィンランド・グラスアート 輝きと彩りのモダンデザイン(東京都庭園美術館)

【公式サイト】
 https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/230624-0903_finnishglassart/

【会場】東京都庭園美術館
【最寄】目黒駅/白金台駅

【会期】2023年6月24日 (土)~ 9月3日 (日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 2時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_③_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
こちらもお客さんは多かったですが概ね自分のペースで観ることができました。

大半は撮影可能だったのでいくつか。
DSC09449.jpg
元々美しい建物を背景にフィンランドのガラス器が並ぶ光景は涼しげです。

デザイン自体もシンプルながら深みのあるもので観ていて飽きません。
DSC09384.jpg
点数もかなりあり、充実の内容となっていました。庭園美術館でデザインの展示の時点でハズレはありえないんだよなあw



続いては映像作品の展示。

DSC09905_20231226221658e77.jpg

【展覧名】
 Immersive Museum: イマーシブミュージアム

【公式サイト】
 https://www.immersive-museum.jp/

【会場】日本橋三井ホール
【最寄】三越前駅

【会期】2023年7月7日(金)~10月29日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_②_3_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_②_3_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_①_2_3_4_5_満足

【感想】
日時指定予約をしましたがかなりのお客さんの多さで、混み合っていました。

こちらの展示はスーラ、シニャック、ゴッホ、ゴーギャンといったポスト印象派の作品を大型ビジョンに映し出すという趣向となっていて、こんな感じ。
DSC09888_20231226221656305.jpg
しかし観ての通り天井には映像がないので、大して没入感はありません。映像の内容もオリジナル作品に動きを持たせました的なもので本物が持つ深みもなくエンタメに振り切ってる感じで安っぽい。せいぜい30分もしないうちに周回するし、これに2500円も払うなら、4dxの映画を観たほうがマシです。同じゴッホの映像と比較するなら映画『ゴッホ~最期の手紙~』のほうが映像も内容も1兆倍くらい良いと思います。何でこんなに混んでたんだろ…と不思議でした。命を賭けて己の芸術を切り開いたゴッホがこんな軽薄な映え全振り映像を観たらブチ切れるでw
ということで当ブログ初めての満足度①の栄誉に輝きましたw せいぜい200円でしょこれは。



その他、展覧会ではありませんが伊豆中央~伊東にかけて旅行で色々な施設をめぐりました。

こちらはニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデン – 城ヶ崎
DSC00181_2023122622170536a.jpg
ティファニーのランプなどが展示され優美な雰囲気となっています。 伊豆となんの関係があるのか?と思ったらコレクションを別の場所の美術館から丸ごと買ったとのことで、駅名が日本一長かったあの美術館かな?と勘ぐったりw

こちらは伊豆ぐらんぱる公園
DSC00591.jpg
何と夏でもイルミネーションをやっている珍しい場所です。イルミネーションの中をジップラインで滑空することもできるようですが、私が行ったときは受付終了しててイルミだけ楽しみました。

こちらは伊東の東海館
DSC00979_202312262217101db.jpg
建物自体も魅力ですが彫刻家 重岡建治 氏の作品を集めた部屋などもあります。

その他、8月は美術館以外にも様々なところを巡りました。インスタではそれらも紹介しておりますので、ご興味ある方はよろしくお願いします
 インスタ:https://www.instagram.com/artanuki/
 
 
ということで、8月はオカルト関連に力を入れた月でした。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
5位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。