HOME   »  その他  »  最近観た展示 (202309)

最近観た展示 (202309)

年末の振り返りに向けて最後の直線を追い込み中ですw 今回は9月に観た展示について振り返っておこうと思います。9月は前半に腰痛で歩けなくなったこともあり、数少なくなっています。

・金曜ロードショーとジブリ展(寺田倉庫B&C HALL/E HALL)
・京都・南山城の仏像(東京国立博物館 本館)
・横尾忠則 寒山百得(東京国立博物館 表慶館)
・荒川修作+マドリン・ギンズ《意味のメカニズム》 全作品127点一挙公開 少し遠くへ行ってみよう(セゾン現代美術館)



まずはジブリと金曜ロードショーの関係性に関する展示

DSC01778_2023122717182484a.jpg

【展覧名】
 金曜ロードショーとジブリ展

【公式サイト】
 https://kinro-ghibli.com/

【会場】寺田倉庫B&C HALL/E HALL
【最寄】天王洲アイル駅

【会期】2023年6月29日(木)~9月24日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 2時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_②_3_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
日時指定予約のチケットで入ったのですが混んでいました。チケット取るのも大変だったので金曜の夜でした。

この展示はジブリの映画は金曜ロードショーと共に歩んできたというのを示すもので、映画公開当時に流行ったもの等と共に制作秘話などが紹介されていました。なので最初のほうはパネルとかジブリと関係ない品も結構あるんですが、2階に登る辺りからジブリの世界観を再現したコーナーが続いていきます。

この映写機回すオジさんももう観ませんね…
DSC01801_202312271718260c6.jpg
調べたら1997年~2009年までだったようです。もっと長くいたように感じる存在感。

特に再現が凄かったのが『魔女の宅急便』と『風の谷のナウシカ』の再現
DSC01822_20231227171829097.jpg DSC01889_2023122717183231c.jpg
ナウシカはかなり広大な再現になっていて本当に凄かった。王蟲は目の色が変化してかなりリアル。

展覧会を観に行ったのは終盤だったのですが、それには訳があって この『崖の上のポニョ』のラーメン付のチケットを取る為でした。
DSC01932_202312271718330e0.jpg
ラーメンは本当に普通の袋麺っぽい感じでこれは値段を無視すればそうだろうなという出来w ついでにポニョをイメージしたドリンクを頼んだのですが、これは甘すぎてお世辞にも美味しいとは言い難たかったかなw 

と、フード以外は高レベルな再現ぶりが良かったです。この記事を書いている時点では全国に巡回中ですので、ジブリ好きの方にはオススメです。




続いては仏像の展示。

DSC02254.jpg

【展覧名】
 浄瑠璃寺九体阿弥陀修理完成記念 特別展「京都・南山城の仏像」

【公式サイト】
 https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=2598

【会場】東京国立博物館 本館 特別5室
【最寄】上野駅

【会期】2023年9月16日(土) ~ 2023年11月12日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_③_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
意外と多くのお客さんで賑わっていましたが、仏像は大きめなのでマイペースで観ることができました。
こちらは本館の特別5室での展示とのことでそれほど点数もなかったのですが、平安時代の貴重な仏像を拝むことができました。特にタイトルにも入っている阿弥陀如来坐像や、高さ3mにもなる十一面観音菩薩立像は見ごたえがあり、じっくりと観てきました。ミニ展示だったけど濃厚だった。。。 




続いても東博の展示。

DSC02261_20231227171836277.jpg

【展覧名】
 「横尾忠則 寒山百得」展

【公式サイト】
 https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=2598

【会場】東京国立博物館 表慶館
【最寄】上野駅

【会期】2023年9月12日(火) ~ 12月3日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 2時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
それほど混むこともなく快適に鑑賞することができました。
こちらは現代アーティストの横尾忠則 氏が禅宗で有名な寒山拾得をテーマにして描いた絵画が並ぶ展示で、大型作品が多めとなっていました。

と言っても漢画のような感じではなく現代的な表現となっています。
DSC02289_202312271718374c7.jpg
巻物はトイレットペーパー、箒は掃除機になるなどパロディ要素高めw

こちらはマネの「草上の昼食」をオマージュ
DSC02348_2023122717184158a.jpg
他にもランボーとエドガー・アラン・ポーを並べた作品などもはや寒山拾得 関係ないじゃん!wとツッコみたくなる作品もありました。

という感じでユーモアある作品が多くてちょっと脱力しながら楽しめました。この型破りな精神が禅っぽいかなw



最後は軽井沢のセゾン美術館の展示

DSC02968.jpg


【展覧名】
 荒川修作+マドリン・ギンズ《意味のメカニズム》 全作品127点一挙公開 少し遠くへ行ってみよう

【公式サイト】
 https://smma.or.jp/exhibition/shusakuarakawamadelinegins

【会場】セゾン現代美術館
【最寄】中軽井沢駅

【会期】2023年4月22日(土)~10月31日(火)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_②_3_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_③_4_5_満足

【感想】
空いていて快適に鑑賞することができました。

最近よく軽井沢に行くのですが、この美術館は冬季がお休みになることもあって未訪問だったので秋のうちに訪れてみた感じで、特にこの展示を観に行ったわけでは無かったのですが、個展ということでじっくりと観てきました。

これだけ撮影可能。
DSC02986.jpg
意味とはなにか?を問うような展示なので、理解するには難解な作品が多かったように思いました。点数は多かったので作風は何となく掴めたかな。

ここは常設も少しあるんですが、ジャクソン・ポロックやロスコなど貴重な現代アートが展示されていて、そちらも楽しむことができました。

この日はセゾン美術館と共に、石の教会内村鑑三記念堂を訪れるのもメイン目的でした。
DSC02846_2023122717184466c.jpg
他にも軽井沢の名所などもインスタで紹介しております。

 インスタ:https://www.instagram.com/artanuki/ 

ということで、9月は少なめでした。10月には復活して少しづつペースを上げましたので、それは次回以降ご紹介の予定です。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
5位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。