関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

島野十郎と同時代作家展 【銀座美術館】

今日も銀座の美術館巡りの記事です。ポーラミュージアム アネックス ⇒ 松屋銀座 と観て周った後、松屋銀座のすぐ近くにある銀座美術館で「島野十郎と同時代作家展」を観てきました。

P1140754.jpg P1140748.jpg

【展覧名】
 島野十郎と同時代作家展

【公式サイト】
 http://ginza-museum.org/after.html

【会場】銀座美術館
【最寄】東京メトロ 銀座駅・銀座一丁目駅 JR有楽町駅


【会期】2010年8月23日(月)~9月11日(土)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間20分程度

【混み具合・混雑状況(土曜日16時頃です)】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_②_3_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
つい最近までこの美術館(ギャラリー?)の存在を知らなかったのですが、以前気に入った島野十郎の展覧会があると知り、初めてやってきました。
 参考記事:日本の美術館名品展 感想後編(東京都美術館)

松屋銀座からアップルストアの裏手に入って、この通りにあります。冒頭の写真を見ると分かると思いますが、かなり目立たないビルなので探すのに苦労しましたw
P1140750.jpg

むしろ、向かいにあるこの映画館を探す方が簡単かも。
P1140755.jpg

こんな感じで場所を探すのに手間取りましたが、会場には何人かの熱心なお客さんがいました。入場料は無料で、広さは普通の雑居ビルのワンフロアくらいなので20分もあれば観て周れるくらいです。(事務所も兼ねた広めの部屋と奥の応接室のような所の2部屋あります。過去の展覧会の写真で会場の雰囲気がわかるかも) 点数もそんなに多くないですが興味深い作品が並んでいましたので、気に入った作品をいくつかご紹介しようと思います。
 参考リンク:銀座美術館の過去の展覧会

まずは広めの部屋の展示。タイトルはメモを頼りに書いていますので間違っていたらすみません。

島野十郎 「蝋燭」
以前、この絵と同様の蝋燭の絵を観てこの画家を好きになりました。短い蝋と、暖かい色彩で描かれた長い炎がかすかに揺らめいて、静けさを感じます。写実的なようで神秘性を感じる画風が心に響きました。この作品を含めて、蝋燭の作品は3点ありました。

島野十郎 「月」 ★こちらで観られます
夜空に浮かぶ月を描いた作品です。月の周りもわずかに明るくなって輝く様子が非常に美しいです。この作品も静けさと神聖さを感じる素晴らしい作品でした。月の作品も何点かありました。

島野十郎 「積る」
雪原の中の一軒家が描かれた作品です。雪がしんしんと降っていて、家はポツンとした感じがします。少し寂しい雰囲気もありますが叙情的な作品でした。雪を題材にした作品も数点ありました。

島野十郎 「林辺太陽」
木々の隙間から夕日が見える風景を描いた作品です。美しいグラデーションによって本物の太陽のような輝きですが、それ以上に郷愁を誘う作品でした。この人は結構写実的でありながら情感豊かで神聖さすら感じる作品が多いのかも。
この辺には渓谷を描いた作品などもありました。

島野十郎 「静物」
テーブルに林檎、ガラスのコップ、大きな壺、皿などが並んだ静物画です。どれも質感豊かに艶やかに描かれています。その色合いのせいか、温かみも感じました。

島野十郎 「雨、法隆寺塔」
法隆寺の五重塔を描いた作品で、画面全体に白い雨が降っています。空は雲に覆われ、画面には人がいないなど、雨の日の情感がよく出ています。五重塔はむしろ自然物のような雰囲気があるように思いました。
この作品のとなりにも晴れの日の五重塔の絵がありました。

島野十郎 「朝日」
草原と森の上に昇る朝日を描いた作品で、太陽は若干雲にかかっています。この作品にも人は1人もおらず、自分自身が1人で草原で朝日を見ているような感じを受けました。朝日なのに情感があるんだよなあ。
この辺には風景画も何枚かあります。

島野十郎 「柿」
柿の静物画です。テーブルクロスや皿の上に8個くらいの柿が並び、これも質感を感じます。秋らしい赤に生命感を感じました。

この辺で大きめの部屋の展示は終わりです。事務所?の横を通って応接間みたいな部屋にある作品も見せて頂きました。(こちらが同時代の画家なのかも) ここは数点だけですが、ビッグネームの作品も並んでいました。

荻須高徳 「クリニャンクール門の売店」
新聞を売っている小屋のような街角の売店を描いた作品です。佐伯に似た画風で、ちょっと厚塗りで素早く描かれているように思います。新聞の色使いなどが独特で興味深かったです。
荻須高徳はかなり好みなのですが、何故か観る機会が少ないのでこういう所で会えるのは嬉しいです。

梅原龍三郎 「薔薇図」
赤やピンクの薔薇が花瓶に入っている様子が描かれた作品です。花瓶にも花の絵柄のようなものが描かれているかな。 薔薇は大胆に簡略化され、画面一杯に描かれてボリューム感と力強さを感じます。その一方で、色使いから可憐な雰囲気も感じました。

児島善三郎 題名失念…
水色の壁を背景に、花瓶に入った白や赤の薔薇?の花が描かれています。背景の壁紙にも花が描かれていて、装飾的な感じがします(ちょっとマティス的な気がします) 色の対比が爽やかで好みの作品でした。
この辺にはモネの風景画やルノワールの花の絵もありました。

藤田嗣治 「猫を抱く少女」
藤田の晩年の作品かな。モナリザのような座り方で、猫を抱いている少女を描いた作品です。猫は少し獣っぽさを感じさせる藤田作品によく出てくる猫でした。何とも可愛らしい作品です。

藤田はもう1点あって、あとは中川一政の作品もありました。

ということで、小展ながらも良い展覧会でした。解説などはほとんど無いので、詳しいことはあまり分かりませんでしたが、この画家をもっと知りたくなるような内容でした。開催期間が短いので、気になる方は今のうちにどうぞ。
この美術館にはビュッフェなどのコレクションもあるようですので、今後は定期的にチェックしていこうかと思います。

おまけ:
近くの和光ビル(中央通りと晴海通りの交差点付近)には「東京国立近代美術館工芸館」の名品展ということで、小池頌子、今井政之、田村耕一、石井康治の4点の器が展示されていました。
P1140738.jpg
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
4位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。