関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

絵のなかに生きる 中・近世の風俗表現 【根津美術館】

今日も引き続き根津美術館の記事です。館内でランチ庭園の紅葉を楽しんだ後、今回の目的である「絵のなかに生きる 中・近世の風俗表現」を観てきました。

P1160655.jpg P1160652.jpg

【展覧名】
 絵のなかに生きる 中・近世の風俗表現

【公式サイト】
 http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html

【会場】根津美術館
【最寄】表参道駅
【会期】2010年11月23日(火・祝)~12月23日(木・祝)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【混み具合・混雑状況(平日14時頃です)】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
平日に行ったのですが、そこそこお客さんが来ていました。そんなに混んでいるというわけでもなかったので、自分のペースで鑑賞することができました。
今回の展覧会は風俗画を題材にしたもので、南北朝時代から江戸時代までの様子が描かれた作品が並んでいました。詳しくは気に入った作品をいくつかご紹介しようと思います。


<中世の暮らし ― 説話画・物語絵の中の風俗>
最初は物語絵に出てくる風俗を取り上げたコーナーでした。

「聖徳太子絵伝」 ★こちらで観られます
3幅セットの掛け軸ですが、元は6~8幅のセットだったと考えられているようです。年代ごとに聖徳太子の人生が描かれていて、ちょっと古びた感じはしますが色鮮やかで物語性を感じます。聖徳太子の生きていたのは奈良時代ですが何故か人物は平安時代~鎌倉のような感じを受けます。鎌倉時代の鎧を着て合戦する物部氏?らしき姿も見られました。

「曽我物語図」
曽我兄弟の仇討ちの物語を題材にした6曲1双の屏風です。右隻は金地に鮮やかな緑など色が映える画面で、頼朝が行った富士山麓の狩りのシーンが描かれています。細かく、当時の文化を感じさせ、動きや感情まで伝わってくるようでした。雲にひし形を重ねたような文様と、細かい点のような淵があり立体的な感じもしました。
左隻は武家屋敷みたいなところを上から俯瞰するように描かれていて、あちこちに家紋入りの垂れ幕なども観られます。火と武器を持っている人や、部屋の中で話している人、碁を打っている人など皆様々で、こちらも当時の様子をよく伝えていました。


<王朝の雅・武士の勇姿 ―公家と武家の風俗―>
続いてのコーナーは公家と武家の文化を伝えるコーナーでした。

「犬追物図」 ★こちらで観られます
6曲1双の屏風です。右隻は大きな縄の円の周囲にいる馬に乗って弓を持つ人々が描かれ、真ん中には犬を押さえた人がいます。どうやらこの犬を放って狩りをする競技らしく、左隻には走る馬に乗って弓を構える人と、逃げる犬、後ろから追ってくる人々などが描かれていました。どちらの画面も周りを塀に囲まれていて、その周りを町人らしき人や武士などたくさんの見物人が囲んでいました。当時の娯楽の1つだったのかな? 犬は可哀想な感じですが社交場のような雰囲気がありました。


<遊楽・参詣・祭礼 ―名所としての風俗―>
1部屋めの最後は名所や参詣に関するコーナーでした。

「洛中洛外図」 ★こちらで観られます
京都の町並みを描いた8曲1双の横長の屏風です。右隻には清水寺が位置する東山や、祇園祭の山鉾や内裏などまでが見えます。左隻には嵐山や高雄まで描かれているようでした。金雲が立ち込め、雲の中に雲の文様が連続していて立体的な感じです。また、朱色の建物や山鉾など色合いが鮮やかでした。遠近感はちょっと妙な感じですが、街の様子や人々は細かく観察されているようで圧倒されました。

この辺には宇治の橋を描いた屏風や伊勢詣を描いた屏風もありました。

「北野天神縁起絵巻」 ★こちらで観られます
菅原道真の生涯と没後の祟り、北野天神の縁起を描いた絵巻です。継子いじめに苦しむ姉妹が、天神の加護を祈ったところ国司に救われ、姉がその妻となった場面を描いています。屋敷の中と外が描かれ、妻は不自由の無い生活のようです。軒先で魚を売り買いしていたり、黒犬が歩いていたり、刀を磨いていたりと、当時の風俗を取り入れながら描かれているようでした。


<近世初期風俗画から浮世絵まで ―江戸庶民の風俗―>
2部屋めは主に江戸時代の作品が並んだコーナーでした。部屋の入口付近には2体の伊万里人形も展示されていました。

「誰が袖美人図」 ★こちらで観られます
6曲1双の屏風です。屋外に干された着物や袴、刀などが描かれ、左隻には遊女と三味線を持つお付きの禿(かむろ)の姿も見えます。「誰が袖」と言うと無人で華やかな着物だけ描かれる題材というイメージがありますが、これは誰が袖図の成立の過渡期の作品のようで、2人の女性が描かれているのが特徴のようでした。 ちょっと色合いが地味な感じもしたかなw

岩佐又兵衛 「傘張り・虚無僧図」 ★こちらで観られます
元、「樽屋屏風」または「池田屏風」と呼ばれた押絵貼屏風の一図だそうです。通りに面した家の中で傘を貼る男と、それを見る2人の刀を差した侍、2人の手を繋いだ子供などが描かれています。薄っすらとした繊細な色彩で描かれ、解説では「端整で的確な筆致、墨に金泥を併用したニュアンスに飛んだ霞、ピリッと締まった人物描写に魅力が発揮されている」とのことでした。

葛飾北斎 「猿舞図」
神社の神官のような格好をした猿を描いた水墨画です。とぼけた顔をしていて可愛らしく、擬人化されているような面白さもありました。

ということで、点数は少ないですが大きな屏風などもあり、華やかな雰囲気の展示でした。 根津美術館の日本美術は流石ですね。
この特別展示の後、いつものように常設も観ましたがこちらはご紹介を割愛。入口の仏像コーナー、2階の中国の青銅器のコーナーなどは若干変わっているかもしれませんがいつもと同じ感じかな。展示室5という部屋では小袖の文様に関する展示をやっていて、古切れ等が展示されていました。また、一番奥の展示室6は「歳暮の茶」というテーマ展示をしていました。こちらは興味ある方には面白いかもしれません。
 参考リンク:根津美術館 テーマ展示
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
根津美術館
最近見つけたこちらのサイトが大変気に入って拝見しています。
説明も感想も丁寧で、親切なので、とてもわかりやすいです。
屏風のなかにある物語や、感情が層になって厚みがありますよね。人物の表情なども見ていて飽きないものです。カフェも、是非行ってみたいと思います。
またこれからも楽しみに拝見させていただきますので、よろしくお願いいたします!
2010/12/13(月) 15:11 | URL | yuyu #scjzopTA[ 編集]
Re: 根津美術館
>yuyuさん
コメントありがとうございます。
今回の展示も中々煌びやかで良かったですよ。屏風があるとやはり華がありますね。
これからもせっせと書いていこうと思いますので今後ともよろしくお願いいたします。
2010/12/14(火) 01:43 | URL | 21世紀のxxx者 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。