関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

【埼玉県立近代美術館】の椅子

前回ご紹介した埼玉県立近代美術館の常設を観た後、さらに館内を探索してきました。地下でも展示をやっていたりするのですが、目的はそちらではなく「椅子」を探すことでした。というのも、この美術館は椅子のコレクションが豊富なことでも有名で、館内のいたるところにアートな椅子が置かれていて、実際に座ることが出来ます。今回もいくつか見つけることができましたのでご紹介しようと思います。ちなみに、これらの椅子は市販されているものもあります。ついでにリンクを貼っておきますので、値段を見てみるのも面白いかとw(リンク切れしてたらごめんなさい)
 ※館員の方に訊いて写真を撮ってもOKと伺いましたが、もし掲載に問題がある場合はすぐに下げますのでお申し付けください。

なお、公式サイトで現在座れる椅子を確認することができます。(私が行ったのは2010年12月25日時点のコレクションとなります)
 参考リンク:公式サイトの今日座れる椅子(pdf)

まずは1階にあった椅子です。(常設展の部屋の中にもいくつかありましたが、それは撮っていません。) 

ロン・アラッド 「トム・ヴァック」 ☆市販されています
DSC_15786.jpg
イスラエル生まれの有名デザイナーの椅子。これは観たことがある方も多いのでは?


チャールズ・レニー・マッキントッシュ 「D.S.3 サイドチェア」 ☆市販されています
DSC_15787.jpg
アーツアンドクラフツの運動に関わったチャールズ・レニー・マッキントッシュ。これは座って観たのですが、シンプルに座りやすいです。
 参考リンク:チャールズ・レニー・マッキントッシュのwikipedia


マルセル・ブロイヤー 「ヴァシリー」 ☆市販されています
DSC_15792.jpg
マルセル・ブロイヤーはバウハウスで家具工房の主任をしていたそうです。この名前はヴァシリー(ワシリー)・カンディンスキーのために作ったことに由来します。
 参考記事:バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン展 (パナソニック電工 汐留ミュージアム)
 参考リンク:マルセル・ブロイヤーのwikipedia


ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ 「バルセロナ・スツール」(多分) ☆市販されています
DSC_15794.jpg
近代建築の三大巨匠の1人、ミース・ファン・デル・ローエの椅子です。(他の2人はル・コルビュジエ、フランク・ロイド・ライト) この人もバウハウス関連の人で、最後の校長を務めています。 この椅子はいくつか見かけましたが、一番すわり心地が良かったです。
 参考リンク:ミース・ファン・デル・ローエのwikipedia


「ヴァシリー」と「バルセロナ・スツール」はこんな感じで並んでいます。
DSC_15790.jpg


笠松栄 「折り紙チェア/ツルーB」
DSC_15796.jpg
これは一点ものかも?? 折紙風に折られた形が斬新で優美です。


マルセル・ブロイヤー 「チェスカ」 ☆市販されています
DSC_15797.jpg
再びブロイヤーの椅子です。チェスカというのは娘の名前だそうです。シンプルな形ですが優雅で、何と言ってもすわり心地が良かったです。


ジャン=ミシェル・ヴィルモット 「リクソン・チェア」
DSC_15799.jpg
この人は今も活躍しているデザイナーのようです。ルーブル美術館の内装なども手がけた建築家でもあるそうです。(日本のメルシャン軽井沢美術館も設計したらしい)


続いて2Fにあった椅子です。

チャールズ・レニー・マッキントッシュ 「ヒルハウス」 ☆市販されています
DSC_15802.jpg
これはマッキントッシュの中でも特によく知られているようです。これがあるだけでお洒落感が出るから凄いw


エーロ・サーリネン 「チューリップ・チェア」 ☆市販されています ☆市販されています
DSC_15804.jpg
フィンランドの建築家でもあるエーロ・サーリネンの椅子。形がチューリップみたいというのもありますが、結構ポップな色合いで楽しげな感じがします。


内田茂 「セプテンバー/C-O17」「キサの椅子/C-O18」
DSC_15805.jpg
これは由来は分かりませんでしたが、細くて幾何学的な感じが何ともスマートな印象でした。


さらに上に進んで3Fの椅子

ペーター・オプスヴィック(ピーター・オプスヴィック) 「ガーデン:リトル・ツリー」
DSC_15808.jpg
ノルウェーの人気デザイナーの椅子。これどうやって座るんだろ?と一瞬迷いましたw ツリーと言うかキノコみたいな可愛らしいデザインで、幾何学的な単純化が良いですね。

アキッレ・カスティリオーニ 「プリマーテ(枢機官)」
DSC_15809.jpg
イタリアの巨匠デザイナーが手がけた椅子。(名前もイタリアっぽい) これは本気で座り方が分からず座りませんでした。どうすれば良いんだろ?


アキッレ・カスティリオーニ&ピエル・ジャコモ・カスティリオーニ 「アルナッジオ」
DSC_15811.jpg
こちらは兄弟の合作。体重をかけたら曲がってしまうのではないかと不安でこちらも座りませんでしたw


ヘリット・トーマス・リートフェルト 「レッド・アンド・ブルー」 ☆市販されています
DSC_15813.jpg
オランダのデザイナーの作品で、色も形もシンプルだけど洒落た感じの椅子です。


トーネット社 「ロッキング・チェア」
DSC_15815.jpg
ミヒャエル・トーネットが設立したトーネット社のロッキング・チェア。これと同じ形かは分かりませんが、ピカソも愛用した椅子です。特徴は曲木を使っているところかな。ロッキング・チェアの歴史に大きく貢献したようです。
 参考リンク:ロッキングチェアのwikipedia


ヴェルナー・パントン 「パントン・チェア」 ☆市販されています
DSC_15817.jpg
見た目からして楽しいパントン・チェアです。以前、ヴェルナー・パントンの展示を観ましたが、彼はフォルムよりカラーを重視していたようです。市販のだとこの色・つやまで同じってのは中々見つかりませんでした。(その分お手ごろですがw)
 参考記事:ヴェルナー・パントン展 (東京オペラシティアートギャラリー)


最後は地下です。

ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ 「バルセロナ・チェア」 ☆市販されています
DSC_15820.jpg
このバルセロナチェアは1929年にバルセロナ万博が行われた際、スペイン国王夫妻を迎えるため、ドイツパビリオンに置かれたものだそうです。この写真だと分かりませんが、脚の部分がX字になっていて、これはローマ時代の力の象徴であった「ハサミ」をモチーフにしているそうで、国王のために作られたものに相応しい椅子となっています。


ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ 「バルセロナ・スツール」 ☆市販されています
DSC_15822.jpg
3つ並べても見栄えが良いです。繋がってるように見えます。

結構探したつもりですが公式サイトに載っている椅子全部を見つけることはできませんでした^^; 今回は唇の形の椅子(マリリン)も無かったので、次に行く時もまた同じように椅子探しをやろうと思います。全部の椅子に座るのを目指すのも面白いかも。椅子好きにはたまらない美術館だと思います。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
初コメ
初コメ失礼します。
椅子!!かっこいいですよねぇ。
デザイナーさんの名前など知らないことが多くて、とても参考になりました。
リンクさせいていただきます!
2011/01/04(火) 00:32 | URL | chameleon13 #-[ 編集]
アートな椅子☆
あけましておめでとうございます☆
あそこも行ってみたい、あの展覧会も見たい…とおもうばかりで、なかなか時間がとれません。。
埼玉県立近代美術館まで、ぜ~ったい足をのばすことはないので、このブログでしっかり目に焼き付けておきます!
クールでユニークな椅子の数々♪ 目を見張りました☆
2011/01/04(火) 21:46 | URL | cinquante #-[ 編集]
Re: 初コメ
>chameleon13さん
はじめまして^^ リンク頂きありがとうございます。
chameleon13さんのブログも面白そうなので、こちらからもリンクしておきました。

ここの椅子は色々あって、実際に座れるので面白いですよ。
デザイナーの説明とかは無かったので自力で調べましたが、名だたる面々で驚きましたw
こんなのを家に置いてみたいですねえ
2011/01/05(水) 00:03 | URL | 21世紀のxxx者 #-[ 編集]
Re: アートな椅子☆
>cinquante
あけましておめでとうございます^^
私も行きたい展覧会が多いのですが、中々巡れなくて見逃してばかりですw

埼玉県立美術館も良いところですよ。椅子も含めて常設のコレクションも素晴らしいです。
椅子に座ってみると、見た目が変わっていても座り心地が良かったりするのも驚きです。
やはり一流のデザインは素晴らしいですね。
2011/01/05(水) 00:11 | URL | 21世紀のxxx者 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。