関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

エコール・ド・パリ展 【松岡美術館】

東京都庭園美術館で「エカテリーナ2世の四大ディナーセット展」を観た後、松岡美術館にハシゴして、エコール・ド・パリ展を観てきました。雨だったせいか貸切状態で観られました。

32182412_3505901151.jpg

32182412_2482483500.jpg


【展覧名】
エコール・ド・パリ展―パリにきらめく画家たち

【公式サイト】
http://www.matsuoka-museum.jp/exhibit5.html

【会場】 松岡美術館
【最寄】白金台駅(東京メトロ) または 目黒駅(JR・東京メトロ)
【会期】2009年4月26日(日)-9月23日(水・祝)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。
 ※写真はコンパクトデジカメで撮影しました。


【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 特別展 0時間40分程度 + 常設 0時間40分程度

【混み具合・混雑状況(日曜日16時頃です)】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
特別展は2Fの2部屋というのはいつもどおりかな。1Fの彫刻の常設が好きだったりします。
特別展はその名の通り、エコールドパリの時代のお馴染みの画家の作品が揃っています。結構、ここの常設として観た作品も多いのですが、全部ここのコレクションだけで展示ができるのは凄いかも。
シャガール、キスリング、藤田、モディリアーニ、ヴラマンク、ドンゲン、デュフィ、ピカソ、ローランサン、ユトリロなどが2~5点くらいづつ合計50点程度ありました。
「エコールドパリ」という括りは画風とはあんまり関係ないので、画風は様々ですが、結構どの画家も典型的な作品が並んでいて、ダイジェスト的な内容でした。

いくつか作品を紹介。

マルク・シャガール 「婚約者」
街の上を飛ぶ新婚のカップルの絵です。花嫁や花束、深い青はシャガールの典型的な作品だと思います。目新しい感じは無いですが、シャガールの魅力が詰まった感じでした。

モイーズ・キスリング 「シルヴィー嬢」
キスリングは大好きなのですが、特にこの絵は赤いドレスを着た女性の色彩の鮮やかさが素晴らしかったです。フランス人形のような独特の目もキスリングらしく、これまたキスリングの魅力がよく分かります。

アメデオ・モディリアーニ 「若い女の胸像(マーサ嬢)」
卵形の長い面持ち、長い首、青い目、まるでアフリカの彫刻のような顔をしたモディリアーニの特徴がよく出ています。本当にこの展示はイメージどおりの作品が多いです。

モーリス・ド・ヴラマンク
フォービスムの中で一番好きなのがヴラマンク。元競輪選手という異色の経歴を持ち、車好きだったせいか、スピード感を感じる筆遣いと、鮮やかで濃い色彩が特徴です。特に雪の絵は最も良い題材だと思います。暗い画面に白い雪が溶けている感じがよく出ています。
また、「スノンシュ森の落日」は何度観ても強烈に感情を揺さぶるものがありますね。

モーリス・ユトリロ 「モンマルトルのジュノ通り」
ユトリロの作品もかなり好きなのです。人っ子一人いない通りの絵ですが、どこか懐かしいような雰囲気をもっています。ちょっと普通な感じの絵が多かった気もしますが、満足です。 この展覧会には母親のヴァラドンの作品もあります。親としては酷い母ですがw

マリー・ローランサン 「若い女」
ローランサンはほのぼのとしながらも神秘的な雰囲気を持っているので好きです。(エコールドパリは好きな画家ばっかですw) こちらの絵も女性らしい華やかさと優しさに溢れた作品で、画中の女性の赤や緑といった色とりどりの服が目を引きました。今回一番よかったのはこの絵かも。

ということで、以前観たのも多いですが、元々好きな画家たちの作品がこれだけ揃っているのに満足しました。仏像や陶器も回ったら途中絵閉館になってしまった。。。
青山ユニマット美術館がなくなってしまった今、この辺でエコールドパリの作品をまとめて観たいならこの展示が良いかもしれません。ゆっくり観られるのも良いです。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
4位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。