関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

一瞬のきらめき まぼろしの薩摩切子 2回目【サントリー美術館】

もうすぐ会期が終わってしまうので、サントリー美術館で改めて「一瞬のきらめき まぼろしの薩摩切子」を観てきました。

  前回の感想はこちら

32182412_4067871842.jpg

 ※写真はコンパクトデジカメで撮影しました。

【展覧名】
一瞬のきらめき まぼろしの薩摩切子

【公式サイト】
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/09vol02/index.html

【会場】サントリー美術館(ミッドタウン3F)
【最寄】千代田線乃木坂駅/日比谷線・大江戸線 六本木駅
【会期】3月28日~5月17日
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。


【鑑賞所要時間(私のペースです)】
1時間30分程度

【混み具合(土曜日16時頃です)】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解     

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
感想自体は前回観た時と大きく変わらないです。しかし、前回は薩摩切子の成り立ちなども学びつつ観ていましたが、今回は2回目なので鑑賞のみに集中できました。同じような作品も多いですがよく観ると色々と個性があるのがよく分かります。

いくつか、気になった特徴をご紹介。

カット方法
まず切子の命であるカットですが、頻出の「斜め格子に魚子紋(ななこもん)」 (ストロベリー・ダイアモンドカット)だけではなく、あられ紋等と組み合わせて作られたものがあり、後期にはV字のカット以外にU字のカットが現れるなど、急速にそのパターンやカット技術が多様化していくのが分かります。また、雛道具のように細かさが要求されるものなど、その技術レベルも深化したようです。

模様
描かれる紋様にもいくつか種類がありました。菊紋、星紋、格子紋、八芒星のようなクモの巣紋など様々です。さらに、「ぼかし」の技術が使われた作品もあり、これまた紋様・技術共にどんどん種類が増えたのがわかります。そのほかにも、細い三本線と太い線の縞模様である「薩摩縞」のような珍しい模様もあります。私はこの薩摩縞の作品が模様の中では一番好きかも。


ざっくり分類すると、無色、色ガラス、色被ガラスの3つに分けられると思います。色ガラスというのは全体が同じ色をしている作品で、色被ガラスは無色の部分もある色つきの作品(大半はこれ)です。
色のバリエーションは無色、赤色、黒っぽい赤色、藍色、紫色、黄色(くろぎやまん)、エメラルドグリーンと多彩で、先述のぼかしの技術などもあり、華やかです。


デキャンター、ゴブレット、鉢、舟形、大皿、小皿、杯、雛道具、文鎮、香水瓶?、ちろり等々形も多様です。江戸切子やボヘミアンガラスなどを模倣しながらも独自性も出てくる過程が楽しめます。


と、こんな感じで、形状や色、技法を見ていくだけでもだいぶ見応えがあります。たった20年くらいの繁栄だったにも関わらずこれだけの技術力を持っていた当時の薩摩の意気込みが伝わってくるようでした。東京の会期は残りわずかですが、とても良い展示ですのでお勧めです。




観終わった後に、サントリー美術館のレギュラー会員になりました。年間7000円で、何回いってもカード提示だけで入場できます。(要は年間パスです) しかも、同伴者1名も無料な上、音声ガイドも無料で利用できます。私は年に少なく見積もっても7~8回はここにくるので、私にとってはだいぶお得です。そのほかにも、会報が届いたり、ショップやカフェや提携美術館の割引を受けたりと、様々な特典があります。
また、この日、観終わった後に会員になったという旨伝えたら、半券と引き換えにチケット代が返ってきました。サントリー美術館のサービスの高さは神対応としかいいようがありません。

こういうカードを貰います。
P1040647_2.jpg

この数日後、会社帰りに早速年間パスでもう一度この展示を観てきました。年間パスって素晴らしいw (その時の日記は割愛します)

  前回の感想はこちら

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

 

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。





【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
広告
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
愛機紹介
このブログの写真を撮ってます。上は気合入れてる時のカメラ、下は普段使いのカメラです。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
3位
アクセスランキングを見る>>
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※できるだけコメント欄にお願い致します。(管理人だけに表示機能を活用ください) メールは法人の方で、会社・部署・ドメインなどを確認できる場合のみ返信致します。